お知らせ

new!
2017-11-282017/12/16開催の光岡英稔先生の兵法武学研究会の情報を掲載しました講座詳細
2017-11-102017/12/10開催の守伸二郎先生のときめき和稽古の情報を掲載しました講座詳細
2014-12-282015年より空手講座の新規のお申込みは、停止させていただいております

今後開催予定の講習会

2018/2/4小関勲先生のヒモトレ&韓氏意拳講座

受付中のイベント

光岡英稔先生の兵法武学研究会

光岡 英稔
2017年12月16日(土)13:30~15:30一部
16:00~18:00二部
18:00〜19:00自主練習会

(光岡先生からのメッセージ)

今回のカメカメ企画で行います兵法武学研究会では前回からの引き続き、東南アジア、日本、中国の武術における型、動きを昔から使われている道具・武具を通じて観えて来る古の體と其処から発生する動きを講習会のテーマとして参ります。

現代人である私たちの身体が如何にして『古の體(からだ)』を観なおして行けば良いかを幾つかの型や動き方をヒントに稽古して行き、その“古の身体性や古の身体観”が武術において何のような意味を持つのか等にも触れて参ります。

古の技法や術を追究するにあたって、その時代背景や文化背景と身体的に共感が出来るか否かが実際に其の時代の人たちには出来た技法、術、型の成立など深く関わって来ます。昔の人の身体観や、その體(からだ)で観ていた世界を“想像”だけではなく“體を通じて感じれる”所まで私達を導いてくれる手がかりが『古の型』や『古の名残りを遺す動き方』には有ります。近代から現代に至り変わってしまった私たちの身体で何処まで古の人たちの用いていた技や術を再現できるかは分からないにせよ、そこへ遡るための稽古でしか辿り着けないことは確かです。この様な身体(からだ)から體(からだ)への旅路に御関心のある方、バーチャルな身体から実際に武術の技法、術、型を身と體で感じ取り、『古の體』『古の身体観』を取り戻すことに御関心のある方は是非お越しください。

武術・武道のイメージで未だよく有る身体を壊すような乱暴な稽古は行いません。型や動きを通じて一つ一つの動きを丁寧に稽古して参ります。ご自身で使われてる道具や武具をお持ちの方は、よろしければ御持ちください。そこから観えてくる身体観なども間の時間や、自主稽古の時間に御話させていただきます。

皆様の参加お待ちしております!

講師 光岡 英稔

守伸二郎先生のときめき和稽古

守 伸二郎
2017年12月10日(日)10:00~12:00基本クラス
14:00~16:00応用クラス
16:00~16:45Q&A/自主稽古

(守先生からのメッセージ)

現代の私たちは実感の中に生きています。身体も実感があることを中心に見てしまいがちですが、問題が無ければ身体は実感が少なく、見えないのが普通です。やっている実感とは現実とやりたいこととの軋轢が生じさせるものでは無いでしょうか?古来の日本人の身体を通して整い見えない身体を皆さんと一緒に探して行けたらと思っています。前回行ったTKSや腰掛け結びも是非試してみてくださいね♪

講師 守 伸二郎